旅王テスト 伊勢神宮

 

「一生に一度は行きたい!」伊勢神宮の歩き方

お伊勢参りのいろは

順路

チェック!
お伊勢まいりには「CANばす」が便利!

伊勢鳥羽方面もめぐるなら、「CANばす」がおすすめ。1時間に1~2本運行。
青い車体が目印です。お得なフリーきっぷ「みちくさきっぷ」を購入すれば何度もCANばすに乗り降りできます。
外宮~内宮間を10~15分間隔で運行する路線バスも乗車OK!

三重交通バス
(伊勢二見鳥羽周遊ばすCANばす)

「外宮」「内宮」と「御正宮」「別宮」

「豊受大御神」を祀る「外宮」と、「天照大御神」を祀る「内宮」。
豊受大御神と天照大御神が鎮座する社殿が「御正宮」で、それに次ぐ格式の高い特別なお宮が「別宮」と呼ばれます。外宮→内宮の順、御正宮→別宮の順に参拝するのが古くからのならわしです。

伊勢神宮参拝の作法

ダミー

チェック!
そもそも「伊勢神宮」とは?

地元の方から「お伊勢さん」と呼ばれ、古くから日本人の心のふるさととして親しまれてきた伊勢神宮。伊勢神宮は1つの神社ではなく、皇大神宮(こうたいじんぐう)「内宮」(ないくう)と、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)「外宮」(げくう)を中心とした125社のお宮とお社の総称のことで、正式には「神宮」といいます。

御祈祷の申し込み方

伊勢神宮の御祈祷は「御饌(みけ)」と「大々神楽(だいだいかぐら)」の2種類。御饌は一般的な御祈祷で、内宮の御饌殿・外宮神楽殿にて執り行います。大々神楽は雅な舞や雅楽を伴うもので、内宮・外宮の神楽殿にて執り行います。受付はそれぞれの神楽殿で。申込用紙に記入し、初穂料を添えて申し込みます。

外宮の歩き方

外宮マップ
 順路2
 順路3