健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)【第10話(最終回)】無料見逃しドラマ動画

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)【第10話(最終回)】-無料ドラマ見逃し動画

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)【第9話】~あらすじ

生活保護受給者の祖母と暮らすハルカ(永岡心花)の元に、失踪した母・梓(松本まりか)が4年ぶりに帰ってきた。梓は、認知症の母の介護をしながらハルカを育てることを理由に、自らも生活保護を申請。しかし、正式に生活保護が決定すると、母親を施設に預けて自分は再び家を空けるなど好き放題。一週間以上放置されたハルカは孤独に耐えきれず、えみる(吉岡里帆)に助けを求める。

ハルカは児童相談所で一時的に保護されるが、梓とはいっこうに連絡がつかない。業を煮やしたえみるは、梓の生活保護費を口座振り込みから窓口支給に変更。支給日当日、役所に乗り込んでくるであろう梓と話をしようと考えたのだ。
案の定、男と連れ立ってやってきた梓は怒り心頭。約束どおり生活保護費を支払うよう、強く求める。一方で、娘の心配よりお金に執着する梓の様子に、えみるの怒りも爆発寸前。えみるが、ハルカは児童相談所で保護され、いずれは養護施設への入所も検討されていることを告げると、梓は顔色を変え、「施設に預ける気はない」と断固拒否。挙句、激高した梓たちは暴力に訴え、半田(井浦新)と京極(田中圭)が何とか押さえるという事態に。
ハルカの幸せを一番に考え、母親から引き離すべきと考えたえみるは、日を改めて梓を訪ね、再び対峙する。しかし、ハルカの口からは思いがけない言葉が飛び出して…。

引用:健康で文化的な最低限度の生活 公式サイト

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)【第10話(最終回)】~無料見逃しドラマ動画

10話『命守る最後の砦…私たちができること』

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)全話動画リスト-無料見逃しドラマ動画

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)【第10話(最終回)】を無料で見る

■健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)【第10話(最終回)】 感想・レビュー

(引用元:http://www.ch-review.net/)

松本まりかさん、今回も演技の振り幅大きく見応えありました。
ホリラブの猫なで声~毒婦も凄かったけど、今回の毒親っぷりも相当でした。
哀れさが際立っていましたね。
最後まで、吉岡さん走らせての胸ユサ演出があざとく感じられました。
彼女は悪くございませんが。

母親にとって施設はつらい思い出なんでしょうね。

衣食住が満たされていても
いじめはあるし、ひどい場合は性的被害もあるのが現実らしいです。
今は虐待で保護されている子が多いので、
不安定な子も多いと聞きます。もちろん全部が全部じゃないだろうけど。

あの痴呆のおばあちゃんも昔、梓を放って家を空けてたってことだよね。鬼の形相で怒鳴り込んできた梓が、ちゃんと改心するかどうかはちょっと疑問が残る・・・
あの状況でハルカちゃんは熱中症にはならなかったの?エアコンは使えてたのかな?電話じゃなくて直接役場に行ってたから、ライフラインが危うい状況かと思ったんだけど、そのへんは良く分からなかったです。