透明なゆりかご【第10話(最終回)】無料見逃しドラマ動画

透明なゆりかご【第10話(最終回)】-無料ドラマ見逃し動画

透明なゆりかご【第10話(最終回)】-概要

NHK 7/20(金) 22:00~

由比(瀬戸康史)は初産の妊婦・辻村灯里(鈴木杏)のお腹の胎児に、重い病気があると気づく。産まれても長生きするのは難しいと知った灯里と夫・拓郎(金井勇太)は中絶をも考えるが、榊(原田美枝子)や紗也子(水川あさみ)らが見守る中、産むことを決意する。大学病院の協力も得て、誕生後の対応や積極的治療の準備が進められていく。だがある日、灯里はアオイ(清原果耶)に、それまで秘めていた悩みを打ち明ける…。

引用:透明なゆりかご 公式サイト

透明なゆりかご~キャスト

青田アオイ:清原果耶
由比朋寛:瀬戸康史
青田史香:酒井若菜
町田真知子:マイコ
町田陽介:葉山奨之
望月紗也子:水川あさみ
榊実江:原田美枝子

透明なゆりかご【第10話(最終回)】無料見逃しドラマ動画

10話『7日間の命』

透明なゆりかご】全話動画リスト-無料見逃しドラマ動画

透明なゆりかご【第10話(最終回)】を無料で見る

■透明なゆりかご【第10話(最終回)】 感想・レビュー

(引用元:http://www.ch-review.net/)

毎回考えさせられるテーマだった
その中でアオイとお母さんの微妙な関係性の描き方が全話通して素晴らしかった
夜中に母子手帳を見て涙したシーン
お母さんが後ろから抱きしめるシーンに
心を揺さぶられた

大自然の美しさに感動するように、淡々とそこに起きている事が現実のような、ドラマだった。
言葉とかでは知っている事でも、起きた時こんな気持ちになるのだと、知らなかった世界を目の当たりにしたような、心が苦しくなるドラマでした。
生まれてくる、生きていく、「普通に」とは何なんだろう?

もう一度、1話からしっかりと観直そう。

「受信料払っておいて良かった」と心底思うドラマでした。
一般市民が知らない過酷な現実を丁寧に描いていたドラマでした。
配役(どなたも難しい役だったと思いますが)も、台詞も、展開も、本当に最高でした。このドラマがそれほど世間で話題にならなかったことが残念です(もっと効果的な宣伝をしてほしかった)。
どうかお願いですから、続編を強く強く希望します。

紛れもなく、私の今年のベストワンドラマです。
どなたかも書いてましたが、50半ばも過ぎた男性の私が、
ドラマで泣くという、本当に稀な経験をさせてもらいました。

主演の清原果耶さんをはじめ、酒井さん、瀬戸さん、水沢さん、原田さん、みなさん素晴らしかった。そして毎回のゲストスターも見事に適役で良い演技だったと思います。

清原さんは「あさが来た」で見て、若いのに良い役者さんだと思ってましたが、みずみずしい演技はすごく魅力的(ナレーションも良かったですよ)。このドラマの成功の第一の功労者でしょう。
きっと女優として大きく成長するきっかけにもなったのではないかと推測します。ちょうどアオイが見習いから看護婦になったかのように。

アップ多用の画面も好きです。俳優陣の力量だと思いますが、言葉にならない感情が、表情から伝わってきました。