文学処女【第5話】無料見逃しドラマ動画

文学処女【第5話】無料見逃しドラマ動画

文学処女【第5話】-あらすじ

MBS 9/9(日) 24:50~
TBS 9/11(火) 25:29~

森川葵と城田優のダブル主演! “遅咲きの恋”を描く新感覚ラブストーリー

サイン会を終えた鹿子(森川葵)は、加賀屋(城田優)へのこれまで感じたことのない胸の高鳴りを感じていた。
同僚の望月(中尾暢樹)からもアプローチを受け、もはや大混乱の鹿子。そんな中、原稿が間に合わないという加賀屋に呼び出される鹿子。いつになく弱り切った加賀屋の姿に愛おしさを感じていると、赤文社の光稀(泉里香)がやってくる。二人のただならぬ関係性に、胸がズキズキと痛む鹿子。鹿子は少しずつ、加賀屋への恋心を自覚し始めていた。
そんな中、締め切りに間に合わせるために鹿子は泊まり込みで作業することになり──?

引用:文学処女 公式サイト

文学処女~キャスト

■月白鹿子(森川葵)
「緑線社」文芸編集部の編集者。子どもの頃から本が好きで、本の中でしか恋愛を知らず、現実での恋愛経験はまったくない。憧れの人気作家・加賀屋の担当になり期待に胸を膨らませていたが、理不尽な要求に振り回される。

■加賀屋朔(城田優)
出す作品全てがミリオンセラーとなる人気小説家。甘いマスクで雑誌の表紙を飾ることも。気難しく、編集者とはまともに接することがなかったが、本作りに真っすぐで恋愛経験がない鹿子に興味を抱く。

■望月千広(中尾暢樹)
「緑線社」文芸編集部の編集者。鹿子と同期。鹿子に思いを寄せ、女性のうわさが絶えない加賀屋の担当になったことを心配しているが、鹿子はそのことに気付いていない。

■七星真樹(上遠野太洸)
「緑線社」校閲部所属で、鹿子の同期。望月のことが好きで本命だと言い寄るが、どこまでが本気なのかは謎。時に核心を突く発言で、望月のことを後押しする。

■有明光稀(泉里香)
「緑線社」のライバル会社「赤文社」で加賀屋を担当する敏腕編集者。加賀屋との浅からぬ関係をにおわす、ミステリアスな美女。

■三島皓(河原雅彦)
「緑線社」文芸編集部の編集長。鹿子、望月の上司。娘を溺愛する父親でもある。

 

【文学処女】無料見逃しドラマ動画

文学処女【第5話】

・文学処女5話をTVerで見る

TVerとは

民放テレビ局が連携した公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」。各局の好きな番組を、好きな時に、好きな場所で、好きなデバイスで!自由に視聴できるテレビの新しいスタイルです。

文学処女】全話動画リスト-無料見逃しドラマ動画

【文学処女】を無料で見る